クラチャイダム 副作用

クラチャイダムの副作用って?
Line

クラチャイダムの副作用とは?


ここではクラチャイダムの副作用について紹介しています。

クラチャイダムは安全性が高く、基本的に副作用の心配はありません。

しかし、ごく稀に体になにかしらの異変を感じたり、過剰に摂取すると副作用が現れることがあります。

Line

クラチャイダムの副作用は大きく分けて5つ


クラチャイダムの副作用は大きく分けて5つあります。

・胃の不調
・汗をかきやすくなる
・心拍数の増加
・不整脈
・下痢

用量用法を守って摂取していても、胃に不調を感じる場合があります。

稀に胃痛や胸焼けといった症状が起こることもありますが、用量用法を守っているのであれば、それほど気にする必要はありません。

そのうち症状が改善するケースがほとんどです。

胃の不調と同じようにあまり気にする必要はないですが、汗をかきやすくなることがあります。

これはクラチャイダムによって、血行が改善して、代謝が良くなるためです。

汗をかきやすくなった場合、効いていると思っていいでしょう。

クラチャイダムを過剰摂取すると心拍数が急激に増加して、息苦しさを感じる可能性があります。

また、不整脈も過剰摂取すると起きやすいので注意してください。

この2つの症状は危険なので、くれぐれもクラチャイダムの過剰摂取は避けましょう。

クラチャイダムはアルギニンを多く含む素材です。

そのため、過剰に摂取するとアルギニンの副作用である下痢や腎臓機能低下を引き起こす危険があります。

こうした症状が見られる場合、過剰摂取になっているかもしれないので、摂取量を抑えた方がいいでしょう。

Line

クラチャイダムの副作用のまとめ


まとめておけばクラチャイダムの副作用は、

・胃の不調
・汗をかきやすくなる
・心拍数の増加
・不整脈
・下痢

の5つです。

胃の不調や汗をかきやすくなるといった症状は、用量用法を守っていても起こる可能性がありますが、基本的に自然に改善していきます。

怖いのは過剰摂取した場合に起こる副作用です。

ここで紹介した以外の予期せぬ症状が起こる危険もあるので、絶対に用量用法は守ってください。

それがクラチャイダムを安全に使用するために必要なことです。

また、アレルギー体質の方の場合、アレルギー症状が起こることもあります。

摂取してからかゆみや湿疹が現れたり、息苦しさを感じる場合は、アレルギー症状かもしれないので、使用を中止された方がいいでしょう。

クラチャイダムによる副作用がなかなか改善しない時は、我慢せずに病院に行って相談してください。

放置すると症状が悪化するかもしれません。

Line